▲戻る


各方式の【ふん取り器】比較結果
(輪ゴムを利用する理由)

受け枠への受け袋取付け固定方法について、
ひな形を作って、試してみました。

No 受け枠への袋固定方法
ひな形による確認結果
※レジ袋とは 持ち手付きの袋を表す
※ポリ袋とは 持ち手なしの袋を表す

取付
時間

取外
時間
評価
1 受け袋を受け枠(下側)に巻き付け押え枠(上側)で上方から挟みつける方法
上側の押え枠が汚れやすい
押え枠にフンが引っ掛って汚れることがあり、押え枠を洗う必要が生じた
5秒 5秒
2 受け袋を受け枠(上側)に巻き付け押え枠(下側)で下方から挟みつける方法
下側の押え枠が汚れやすい
押え枠にフンが引っ掛って汚れることがあり、押え枠を洗う必要が生じた
下側から押え枠で挟む時に何度も持ちかえなければならず、取付けに時間がかかる
レジ袋専用となり市販のポリ袋を使用すると袋が外れやすかった。
20秒

30秒
10秒
3 レジ袋を受け枠に巻き付け、袋の持ち手を柄に結びつける方法
柄に結びつけたりほどいたりするのにコツが必要でやや面倒だった。
受け袋が外れやすい
ふんの重さで袋が外れやすかった
袋サイズが大きくなると取付けられなかった。
レジ袋専用となり市販のポリ袋が使えなかった。
20秒 10秒
4 レジ袋を受け枠に巻きつけ、袋の持ち手を柄に設けた引掛けに巻きつけて留める方法
      (その1)

      (その2)

レジ袋の袋口を受け枠の口径より小さく形作らないと袋が外れる。
レジ袋を受け袋として形作るのにコツが必要でやや面倒だった。
受け袋が外れやすい
ふんの重さで袋が外れやすかった
袋サイズが大きくなると取付けられなかった。
レジ袋専用となり市販のポリ袋が使えなかった。
20秒 10秒
5 受け枠に布袋を取付け、その中に受け袋を入れ込む方法
布袋が汚れやすい
布袋が汚れたり、雨で濡れたりして洗う必要が生じた。
入れ込んだ袋が外れやすく、さらにクリップで挟む必要が生じた。
風で袋が飛ばされやすかつた。
10秒

15秒
5秒
6 受け袋を受け枠に巻きつけ柄先端の上側に設けたクリップで、袋口の一部を挟んで留める方法
受け袋の袋口を受け枠の口径より小さく形作らないと袋が外れる。
受け袋が外れやすい
ふんの重さで袋が外れやすかった
袋サイズが大きくなると取付けられなかった。
5秒

20秒
3秒

5秒
受け袋を受け枠に巻きつけ柄先端の下側に設けたクリップで、袋口の一部を挟んで留める方法
 (下図は上面および側面からみた状態)


受け袋の袋口を受け枠の口径より小さく形作らないと袋が外れる。
受け袋が外れやすい
ふんの重さで袋が外れやすかった
袋サイズが大きくなると取付けられなかった。
5秒

20秒
3秒

5秒
受け袋を受け枠に巻きつけ
輪ゴム
を使って枠の側面に押えつける方法



他方法に比べて、もっとも確実に受け袋を取り付けることが出来た。
殆どの種類(ポリ袋、レジ袋、他)大きさの袋を取付けることが出来た。
さらに
ゴム類は老化しやすい欠点を持つため専用及び市販の輪ゴムを対象に耐久テストを行なった。
その結果
市販の輪ゴムで半年以上問題なく使うことが出来た。
5秒 5秒

上表に示すように、

受け袋を取付け保持する方法として

輪ゴムを使用する方法がもっとも優れ、

ふんの重さや風で受け袋が外れず、
殆どの種類、大きさの袋を取り付けられる。
受け袋の取付け、取り外しが比較的に簡便である。


ということがわかりました。