【フン受けマナボ】の「トップ」に戻る

 ▲戻る

[ 裏 技 ヒ ン ト 集 ]

代替輪ゴムについて

 フン受け作業に習熟された方(フン受け取り時にふんで枠を汚さないように受け取るコツを掴まれた方)は、下記の要領で「代替輪ゴム(1)」または「代替輪ゴム(2)」を作成して使用すると、輪ゴムの取り扱いが簡便になり、輪ゴムの紛失を防げます。

その1
代替輪ゴム(1)取付状態
代替輪ゴム(1)取り付け状態図 [代替輪ゴムの取り付け位置]
← 代替輪ゴムを柄の後端より
  左図の位置まで入れ込む

同上(1)取り付け部詳細
代替輪ゴム(1)取り付け部詳細図 [代替輪ゴムの取り付け状況]

同上(1)作成方法
代替輪ゴム(1)作成方法説明図
←@ ヘアーゴムを25cmに切断
←A 下図のように結び目をつくり
   からませて左右に引き締める

   代替輪ゴム(1)本結び詳細説明図
 上図は「本結び」を表しています。

←B 約5cm径の輪にして固く締める
←C さらに1cm弱の小円をつくる
   「本結び」で締めてください。
←D 余分な端ゴムを切断除去する

同上(1)用
ヘアーゴム市販品例
ヘアーゴム市販品例 「市販品仕様]
  商品名  ヘアーゴム
  サイズ  極細 4P

 ※百円ショップで市販。

 (参考)
  ・ゴムの太さ 1.5mm径



取り扱い上の注意@
受け袋取り付け時の注意説明図 [受け袋取り付け時]
  受け袋を取り付けるときは
  代替輪ゴムを親指で潜らせて
  左図のように確保しながら
  袋の端を挟み込んで下さい。

取り扱い上の注意A
受け袋取り外し時の注意説明図 [受け袋取り外し時]
  受け袋の端を摘まんで
  上方向に引き上げてください。
  代替輪ゴムは自動的に外れます。

  




その2
代替輪ゴム(2)取付状態
代替輪ゴム(2)取り付け状態図 [代替輪ゴムの取り付け位置]
← 代替輪ゴムを柄の後端より
  左図の位置まで入れ込む

同上(2)取り付け部詳細
代替輪ゴム(2)取り付け部詳細図 [代替輪ゴムの取り付け状況]

同上(2)作成方法
代替輪ゴム(2)作成方法説明図
←@ 輪ゴム×1

←A リングゴム×1を用意する。

←B リングゴムの任意の場所に
   左図のように輪ゴムを結んで
   代替輪ゴム(2)を作る。



同上(2)用
リングゴム市販品例
リングゴム市販品例 「市販品仕様]
  商品名  リングゴム
  サイズ  細 2本入

 ※百円ショップで市販。

 (参考)
  ・ゴムの太さ 2〜3mm径

【ポイント】
 ※代替輪ゴム使用時は
  受け枠の「輪ゴム留め×2」は使いません。

受け袋防臭絞り留め方法について

 フン受け取り後の受け袋処理の一つとして「絞り留め」する方法があります。下記の要領で「代替絞りゴム」を作って利用すると操作が簡便になります。

代替絞りゴム取付状態
代替絞りゴム取り付け状態図 [代替絞りゴムの作り方]
  ヘアーゴムを利用して
  下図のような形状のゴム片を作り
← 左図の位置に入れ込む
   
代替絞りゴム姿図


「代替絞りゴムに適した市販品例]
  商品名  ヘアーゴム
  サイズ  極細 3P
  ※百円ショップで市販。
 (参考)
  ・ゴムの太さ 3mm径
 

代替絞りゴムの使い方
「防臭絞り留め方法」
動画:受け袋の防臭絞り留め
代替絞りゴムの使い方説明図
[代替絞りゴムの使い方]
フン受け後の受け袋を「絞りゴム」で巻き込んで左図のように輪ゴム掛けに掛けます。

[代替絞りゴムの外し方]
輪ゴム掛けから「絞りゴム」を外し、離すと一瞬で解けます

【参考1】
 お散歩中に何度もフンをするケースでは、
 採フン後に一時的に絞り留めて待機し、
 次にフンを催した時に「絞りゴム」を外し
 採フンすることが可能になります。

【参考2】
 マナーバッグ等に保管する場合は、
 下記「マナーバッグへの収納時について」欄を
 一読してください.


ランプ取付ゴムについて

  夜間にお散歩をされる方は、マナボとランプを組み合わせてご使用ください。
マナボへのランプの取り付けは、次のようなランプ取り付けゴムを作成して使用すると簡単に取り付けることが出来ます。

代替ランプ取付ゴム
代替ランプ取付ゴム姿図 [代替ランプ取付ゴムの形状]
・ランプのサイズに合わせて下さい。
・(参考)ゴム円径:20〜25mm


「代替取付ゴムに適した市販品例]
  商品名  ヘアーゴム
  サイズ  極細 3P
  ※百円ショップで市販。
 (参考)
  ・ゴムの太さ 3mm径
ランプを取り付けない時
ランプ不使用時の仮セット例
「ランプ不使用時の仮セット例]
左右の輪ゴム掛け間に、左図のように「代替ランプ取付ゴム」を掛け渡して下さい。
 
代替ランプ取付ゴム使用例
代替ランプ取付ゴム使用例
「使い方]
左右の輪ゴム掛け間に、左図のようにランプを抱き込むように「代替ランプ取付ゴム」を掛け渡して下さい。
 
【ポイント】
 ※予め小型のランプを選んだ方が使い勝手が
  上がります。

総合組合せについて

  代替輪ゴム、代替絞りゴム、代替ランプ取付ゴムおよびランプは同時に取り付けることが出来ます。

総合組合せ状態
総合組合せ状態説明図
「組合せ方]
予め代替輪ゴム&代替絞りゴムを柄の後端から挿入して、次に代替ランプ取付ゴムを活用してランプを取り付けて下さい。

総合組合せ状態(待機時)
総合組合せ状態(待機時)
「任意な使い方]
代替ランプ取付ゴムを活用してランプを取り付けた後に、代替絞りゴム&代替輪ゴムを輪ゴム掛けに掛けるということも可能です。
 

マナーバッグへの収納時について

 通常作業時、フン受取後に絞り留めを行った状態で受け袋の開口部(枠の内側)をチェックして下さい。
もし、ふんで汚れていた場合は、さらに、受け袋の口端部(下方に折り曲げられている部分)を下図ステップBに示すように枠上面サイドに被せ直して下さい。
マナーバッグへ挿入保管する際に、バッグの内側を汚さなくて済みます。

ステップ@
フン受け取り後の状態
[フン受け取り後の状態]
ふんの受け取りが全て終了した場合は、絞り留めを行って下さい。

(参考)受け袋を取り付ける際に袋の口端部を充分な折り曲げ長さになるようにしておいた方が後作業が容易になります。

ステップA
絞り留め後の状態
「絞り留め後の状態]
代替絞りゴムを利用して左図に示すように受け袋を絞り留めてください。

ステップB
受け袋の口端を反転して覆った状態
「受け袋の口端を反転して覆った状態]
受け袋開口面が汚れている場合は、左図のように受け袋の口端部を枠上面サイドに折り返すように覆い被せて下さい。

ステップB 詳細
反転した受け袋の口端の処理説明図(1)  ⇒ 反転した受け袋の口端の処理説明図(2) 「反転した受け袋の口端の処理]
反転した受け袋の長さが充分ある時は、左図右側図のように代替絞りゴムに絡ませるように引っ掛けて下さい。


【ポイント】
 ※受け袋の開口面(枠の内側)が
  汚れてしまっている時のみ覆い被せてください。

このページの先頭に戻る